やっぱり美白肌

メラニンとは

メラニンとは、皮膚にあるメラノサイトが生成する色素のことです。
メラニンそのものの色は褐色で、メラニンの量で人の肌の色も決まります。

酵素であるチロシナーゼが紫外線に当たると活発化し、アミノ酸のチロシンからメラニンを作り出すのです。
表皮細胞内のメラニンは、紫外線が当たると吸収して散乱させたり無害化したりと、強い紫外線から肌の細胞を守ってくれるもので、強い紫外線に当たった時の肌の炎症を防いだり、表皮のDANが傷つかない様にしています。

日焼けを起こすほどの強い紫外線に当たると、DANも傷ついていて、通常はその傷を修復することが出来るのです。
しかし、この傷を修復できない病気が色素性乾皮症であり、皮膚がんが多発します。

また、うまく修復できなかった傷が積み重なる為に、肌が老化してしまい、女性のお肌の悩み№1であるシミやシワが出来てしまうのです。
古くなったメラニン色素は通常、皮膚のターンオーバーによって排出されます。

しかし、日焼けで肌の老化が始まりターンオーバー機能が正常に働かなくなったり、メラニン色素が過剰に生産されると余分な色素が表皮に残るなどで、皮膚の色素沈着やシミ・シワの原因となってしまいます。

さらに、出来てしまったシミ・シワは紫外線に当たるとますます濃くなってしまい、治りにくくなるのです。

メラニンが出来る仕組み

通常私達の肌は、「表皮層」と「真皮層」に分かれています。
表皮層はおよそ28日周期で生まれ変わり、真皮層はハリや弾力のもとになっています。

この「生まれ変わりの周期」は「ターンオーバー」と呼ばれています。

表皮層の一番下に、メラノサイトというメラニンをつくる色素細胞が並んでいて、紫外線やストレスなどの様々な刺激でメラノサイトの動きが活発になり、メラニンが大量につくり出されます。

メラノサイトで出来たメラニンは、周りの表皮細胞へ受け渡されていき、ターンオーバーによって角質層まで押し上げられます。
この時、黒や褐色だったメラニンの色は少しずつ薄くなり、角質層では無色になっています。
紫外線を浴びてすぐに肌が黒くなるのは、この無色のメラニンが酸化した為です。
そして最後には、垢となってはがれ落ちていきます。