やっぱり美白肌

美肌・美白になれない原因

【紫外線】
紫外線は日やけ、シミ・ソバカスの原因として有名ですが、その他にも、肌の老化を早める要因として、皮膚にとっては一番の敵だと考えられています。
また、最近では、体全体の免疫力を低下させるということもわかってきています。
紫外線には、「レジャー紫外線」「生活紫外線」と呼ばれる二つの種類があります。
海水浴やスキー、ゴルフなどのアウトドアスポーツやレジャーシーンの日やけの主な原因となるのがレジャー紫外線で、肌の表面に急激に作用して赤みや炎症を引き起こしたり、シミやソバカス、乾燥の原因にもなります。
一方、シミやソバカスだけでなく、しわなどの原因にもなるのが生活紫外線。
生活紫外線は肌の内側の深い部分にダメージを与えるのが特徴です。
太陽が出ていなくても曇りの日や霧・窓ガラスも通過して肌に届くため、日常生活で知らずしらずのうちに浴び続けるうちに、肌へのダメージが少しずつ蓄積されてしまいます。

【睡眠】
食生活でいくら栄養素をきちんと摂っていても、それを活用する体が健康でなくては、その効力を発揮してくれません。
お肌にとって最大の敵は「睡眠不足」です。
午後22:00~午前2:00がお肌の新陳代謝が行われる「ゴールデンタイム」と言われています。
この時間に睡眠していることが一番の理想なのですが、日々の生活の中ではなかなか難しいと思います。
寝入ってから90分ほどの間に深い睡眠が訪れ、それから約90分間隔で深い眠りと浅い眠りを繰り返します。
眠りに落ちてからすぐのこの深い眠りの間に、成長ホルモンが多く分泌され、肌の新陳代謝が活発に行われます。
睡眠時間が短くなりがちな方は、この深い眠りがきちんと得られるように、お化粧を落としてリラックスする時間を持ったり、香りによるリラクゼーションなどで、心身ともリラックスした状態で眠りにつくことも大切なのです。

【食事】
栄養バランスがとれていない食事は、身体に悪いだけでなく、お肌の健康バランスにも悪影響を及ぼします。
美肌を保つ為にはまず、ビタミンAやCなどを多く含んだ食品が必要不可欠です。
ビタミンCやEは、シミ・そばかすの予防にもとても効果的だと言われています。
しかし、サラダやフルーツを食べていれば十分というわけでもないのです。
体内でビタミンAに変わるベータ・カロチンは油分といっしょでなければ吸収されにくく、ビタミンEは動物性食品にも多く含まれています。