やっぱり美白肌

紫外線とは

紫外線というのは太陽からの光の5%ほどの割合である光線で、英語で「Ultraviolet(ウルトラバイオレット)」と呼ばれ、最近では世間でUVと言われています。
紫外線を浴びても大丈夫なようにと私達は日々色々ケアを行っていますが、そもそも紫外線とは何故身体に良くないのでしょうか?
直射日光を浴びていなければ大丈夫…ということではないのです。
太陽の光が入って明るい場所であれば、日陰であっても室内でも紫外線は身体に侵入してきます。

紫外線の影響

紫外線が地球や人間に及ぼす影響はどのようなものがあるのでしょうか。
私達の体にどのように影響があるのかをしっかりと把握し、対策を行う必要があります。
植物や生物は太陽の光が無ければ生きてはいけません。紫外線による影響は良いものと悪いものがあります。
しかし、最近では紫外線を浴びすぎてしまうと身体に悪影響を及ぼすとされています。

紫外線が人体に与える影響

【良い影響】
世間では紫外線は「悪いもの」と言われていますが、良い影響もあるのです。
良い影響紫外線には、殺菌効果があるので洗濯物や布団などを太陽の光に当てて干すことで清潔にすることができます。
微生物などは、少量の紫外線でも殺す事が出来るので、風通しの良い日陰に干しておくだけでも効果を得ることが出来ます。
また身体の皮膚に紫外線が当たることでビタミンDを作り出すことが出来ます。
ビタミンDは魚やきのこ類に含まれており、カルシウムを体内に吸収する助けをしてくれる栄養なのですが、紫外線を浴びることでも自然と作り出されます。

【悪い影響】
紫外線による悪影響といえば、日焼けによるシミやソバカスが出来てしまうことです。
また、身体が日に焼けすぎてしまい、皮膚がんになることを避ける必要があることも知られています。
しかし、日光による日焼けが悪い!というわけではありません。人によって、肌の色が赤くなったり黒くなったりと出てくる症状が違ってきます。
特に気をつけなければいけないのは、目に対する影響です。
紫外線が長時間、目に当たっていると視力の低下や、病気を引き起こす場合があります。